手編みの袖丈の直し方は、編み方向を考えて行う必要があります。

今回の場合は(大半はこのようです)お袖は袖先から編んでおりますので、

長い分だけ切ります。

切ると言ってもはさみでチョッキンとはしません。糸を引っ張ってその糸をチョキンと切り、落とします。

切り落としてから、拾い目目をしてゴム編みを編む方法もありますが、今回は写真の切り落とした部分を除いてゴム編みと、はぎ合わせることしにしました。

 

 

袖丈のお直し、これだけ短くします

写真のように、はぎ合わせます。

とじあわせます

出来上がりました。

ニットの袖丈のお直し完成